借金苦から抜け出す3つのポイント!もう自殺なんて考えなくて良いです!

2017年08月24日

借金苦から抜け出す3つのポイント!もう自殺なんて考えなくて良いです!

はじめに

借金を返し続けても、返却することができず、生活苦が続くことで生きる希望を失い、自殺という決断を選択する人もいます。
しかし、命を絶つことによって問題を解決するのは前向きな方法とは言えません。

借金苦で自殺するバカバカしさ

確かに、命を絶つことで目の前の苦しみからは逃れられるかもしれません。しかし、借金苦の問題を解決するために自殺を選択するのはバカバカしいことです。
今回は、問題に前向きに対処し、借金苦から抜け出すにはどうすれば良いのか、3つのポイントを紹介します。

目次

  1. 過去を振り返らない
  2. 債務整理についてちゃんと理解する
  3. 借金を繰り返さない

過去を振り返らない

人は失敗したときに、過去を振り返ります。 過去を反省することで、同じ失敗をまた繰り返さないようにするためです。 しかし、借金苦に陥った状態の人が、いくら過去を振り返って自分の過去の行動を反省してみても問題解決の糸口は見出せないでしょう。

他人に迷惑をかけたことで自分を責めていても、根本的な問題は解決しません。
本気で借金地獄から抜け出そうと考えるのであれば、過去を振り返らず、新たに前進する姿勢が大事なのです。
具体的には、行動を取る、そして、返済額を減らし、場合によっては返すことのできない借金をリセットしたりすることで、現時点での苦痛を軽くするための糸口を見出すことが重要です。

過去を振り返るのではなく、たとえそれが精神的に大きな苦痛を感じることであっても、まずは現状に真剣に向き合わなければなりません。

債務整理についてちゃんと理解する

当然のことですが、借金を返せなくなるのは、返済しなければならない額が多いからです。 実際に得ている収入で返せる範囲の金額でなければ、いくら返済を続けても借金を減らすことはできません。 このような借金苦のループとも言える状態から抜け出すには、自分だけの力では解決できない場合が多いため、専門家に相談することを考えてみるべきです。

弁護士を通して債務整理を行えば、借金を減額したり支払い猶予を認めてもらったりすることが可能になります。

 過払い請求

借金苦に陥っていた人が過払い請求を行うことで、払い過ぎていた事実が明らかになれば、過払い金が返ってくることもあります。

 任意整理

任意整理では、返済額や返済期間などを債権者と交渉することで、返済金額を減額してもらえます。裁判所の関与が必要にならず、多くの書類を必要としないため、簡単に行うことができる手続きです。

 個人再生

借金の返済が困難であると裁判所によって判断されることで、借金が減額されます。減額された金額を分割して支払うことで、支払いの負担が軽減されます。

 自己破産

必要となる提出書類が多く、手続きは面倒です。自己破産が認められれば、制限もありますが、借金の返済が免除されます。

このように、いろいろな手続きを踏むことで借金苦から抜け出す方法はあります。
方法があるのですから、苦痛から逃げ出すために「自殺しかない」と考えるのは間違っているのです。

借金を繰り返さない

せっかく債務整理をして借金苦から逃れても、借金を繰り返し、借金地獄に陥ってしまうケースも多いようです。
それでは何度借金苦から抜け出しても意味がありません。

前向きに債務整理をするのであれば、二度と借金を繰り返さないようにしなければなりません。
しかし、依存症のような状態に陥ってしまっていると、意思の力だけでは解決できない場合もあります。

そこで、同じ問題を繰り返して逃れられなくなってしまう前に、依存症の治療も考慮に入れるべきです。
借金は習慣化させてしまってはいけません。

ギャンブル依存症について

ギャンブル依存症だと、いくら自分でやめようと思っても、依存した状態を断ち切るのが難しい状態です。 依存症ではない人が考えれば、借金苦に陥るくらいならギャンブルをやめれば良いと考えることでしょう。 しかし、依存症に陥ってしまうと、正しい判断ができなくなってしまっています。
そのため、ギャンブルで損をすると、損した分を取り返すために、さらにギャンブルを続けてしまうのです。

また、借金返済が目的でギャンブルに手を出してしまう人もいます。
その場合、返せなくなった借金を返すという目的があるため、負ければ負けるほど、「次こそきっと勝つ。勝たなければ!」という考えに執着してしまいます。
ギャンブル依存症の人は、できるだけ早く依存を断ち切ることが重要です。

依存症のまま債務整理をしても同じ状況を繰り返してしまう可能性が高いため、まずは、何より治療を優先すべきでしょう。

まとめ

借金苦からは逃げ出す方法があります。「これ以上生きているのはつらい」と考えて、自殺を考えるのではなく、前向きに考えるべきです。しかし、一人で問題解決の方法を考えても解決の糸口を見出せないことも多いです。そこで、問題が少しでも小さいうちに、まずは弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。債務整理によって問題を解決することで、返済額だけではなく、精神的負担の軽減ができます。

カンタン無料診断をご利用ください。あなたにピッタリの専門家が診断結果を伝えてくれますよ。

日本債務整理センター 編集部

SHARE :

  • FACEBOOK
  • TWEETする
  • LINEで送る

誰にも知られずに問題解決を目指せます

借金問題解決シミュレーター

全国の専門家を無料で紹介します!

10秒カンタン無料診断スタート!

あなたの借金、いくら減る?

借金返済シミュレーター
icon1
icon2
mouth
10秒カンタン無料診断スタート!

カテゴリーから探す

岡田法律事務所
伊藤法律事務所

人気記事

専門家紹介

債務Lady
おしなり法律事務所
サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

話題のキーワード

夫の借金

彼氏の借金

法人

パスポート

海外旅行

結婚

内緒で

時効の援用

破産

個人事業主

時効

賃貸契約

楽になる

住宅ローン

マイホーム

慰謝料

離婚

フリーランス

専門家

返還額

解決

ブラックリスト

免責不許可事由

スマホ

奨学金

ギャンブル

金利

家族

利息制限法

グレーゾーン金利

闇金

おまとめローン

借金問題

クレジットカード

生活保護

借金完済

返還手続き

返済方法

過払い金請求

キャッシング

借金

バレずに

信用情報

特定調停

任意整理

個人再生

保証人

連帯保証人

保証会社

カードローン

法テラス

依頼費用

自己破産

消費者金融

引き直し計算

債務整理

倒産

債務超過

エポスカード

過払い金

返還請求

おしなり法律事務所
そうや法律事務所