誰にもバレずに300万円の借金をなくす方法

2017年09月18日

誰にもバレずに300万円の借金をなくす方法

はじめに

借金にはマイナスイメージがあるので、できれば知られたくないものです。
借金はきちんと返済していれば、自分から話さない限り周囲にバレる危険性は低いものですが、返済が滞って督促が始まると話は別です。
また、返済額を減らせる債務整理も、方法によっては周囲に隠し通したままでいられるものもあります。
今回は、周囲にバレずに借金をなくす方法をご紹介しましょう。

目次

  1. 繰り上げ返済を利用する
  2. 遅れずに返済する
  3. 遅れるときは前もって連絡する
  4. 専門家に債務整理をお願いする

繰り上げ返済を利用する

借金を誰にもバレることなく早くなくす最も効率のいい方法は、繰り上げ返済の利用です。
借金の返済サイクルは1か月おき、35日おきなどがありますが、多くの場合、初めは利息の返済に充てられるので元金はほとんど減りません。
金融業者の収入は利息の部分ですから、返済額は一定に保ち、元金が減らない返済方法を採用することで、長期間利息を払ってもらうのが業者の狙いなのです。

繰り上げ返済を行うと、その分は元金の返済分に充てられるので返済期間も短くなりますし、元金が減るので利息そのものも低く抑えることができるようになります。
これはどのローンにも同じことが言えますが、特に利率が高いものほど効果が高いので、借金返済にはぴったりの方法です。
ただし、無理をして急な出費のときに別の業者から借金する、ということにならないよう、無理をしない範囲で返済していくのがコツです。

遅れずに返済する

遅れずに返済するのは基本中の基本です。
カードローンには銀行系、消費者金融系、信販系の3タイプがありますが、銀行系以外は在籍確認や郵便物などで業者名を出すことはありません。
電話や郵便物から借金している、ということがバレないように配慮してくれるので、きちんと返済をしていれば、周囲に借金がバレる心配はしなくていいでしょう。
そうはいっても、業者からの郵便物の中身を見られたり、カードや通帳を見られるとバレる可能性があるので、借金に関わるものはきちんと自分で管理することが大切です。

遅れるときは前もって連絡する

借金には返済期日があり、その日までに決められた金額を返済している限りは業者から特別に連絡が入るようなことはありませんが、もし期日までに返済ができそうにない場合は、前もって連絡をしておきましょう。
そうすれば、督促の電話がくることもありませんし、返済が数日遅れた程度なら事故扱いになることもありません。
ただし、返済が遅れてしまうと、1日おきに「遅延損害金」が発生します。
ただ、数日の遅れなら信用情報に影響はなくても、何度も遅延を繰り返していると業者からマークされるようになりますし、遅延情報は5年間は消えません。

また、61日以上または3か月以上支払いが遅れると延滞となり、金融事故扱いになります。
どのタイミングで遅延から延滞に変わるのかは業者によりますが、61日目に入金されない場合、すぐにブラックリストに載せてしまう業者も少なくないので、支払いが遅れるときは連絡はもちろん、返済期日からの日数にも注意が必要です。

専門家に債務整理をお願いする

どうしても返済が難しくなってきたら、債務整理を検討しましょう。
債務整理とは、金利をカットして返済額を元金のみにしてもらうなど、今より楽な設定にしてもらって返済していくことです。
業者側は儲け分が減ってしまいますが、自己破産されると金利だけでなく元金も返ってこないことになるので、債務整理に応じてくれます。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがありますが、特定調停は任意整理と内容が似ているものの、手続きが複雑になるため、あまり使われません。

残る3つの中で、自分から話さない限りバレる危険性がないのが、任意整理です。
これは弁護士など専門家に頼んで業者と交渉してもらい、今よりも楽な返済の設定にしてもらうというもの。
個人再生や自己破産は、配偶者や会社から提出してもらう書類があるため、バレやすい方法です。
また、保証人がいる場合、保証人には債務整理の効果は及ばないので、借りた人が支払いを逃れた分は保証人へ請求が行きます。
任意整理なら保証人がいる借金は整理対象から外してもらえるため、自分でしっかり返済している間は保証人に取り立てが行くことはありません。
しかし、個人再生と自己破産はそうはいかないので、保証人がいる場合はきちんと話をしておきましょう。

まとめ

誰にもバレずに借金をなくす方法は、「繰り上げ返済」「遅れず返済」「債務整理なら任意整理」の3つ。
返済が遅れそうなときは連絡を入れて督促を防げば、バレリスクはかなり軽減できます。
ただ、バレない方法が借金問題解決のベストな方法ではありませんので、返済の見通しが悪くなってきたら、事態が悪化してどうにもならなくなる前に専門家に相談するのがおすすめです。

カンタン無料診断をご利用ください。あなたにピッタリの専門家が診断結果を伝えてくれますよ。

日本債務整理センター 編集部

SHARE :

  • FACEBOOK
  • TWEETする
  • LINEで送る

誰にも知られずに問題解決を目指せます

借金問題解決シミュレーター

全国の専門家を無料で紹介します!

10秒カンタン無料診断スタート!

あなたの借金、いくら減る?

借金返済シミュレーター
icon1
icon2
mouth
10秒カンタン無料診断スタート!

カテゴリーから探す

名村法律事務所
そうや法律事務所

人気記事

専門家紹介

そうや法律事務所
おしなり法律事務所
新大阪法務司法書士事務所
新大阪法務司法書士事務所

話題のキーワード

夫の借金

彼氏の借金

法人

パスポート

海外旅行

結婚

内緒で

時効の援用

破産

個人事業主

時効

賃貸契約

楽になる

住宅ローン

マイホーム

慰謝料

離婚

フリーランス

専門家

返還額

解決

ブラックリスト

免責不許可事由

スマホ

奨学金

ギャンブル

金利

家族

利息制限法

グレーゾーン金利

闇金

おまとめローン

借金問題

クレジットカード

生活保護

借金完済

返還手続き

返済方法

過払い金請求

キャッシング

借金

バレずに

信用情報

特定調停

任意整理

個人再生

保証人

連帯保証人

保証会社

カードローン

法テラス

依頼費用

自己破産

消費者金融

引き直し計算

債務整理

倒産

債務超過

エポスカード

過払い金

返還請求

リヴラ総合法律事務所
サンク総合法律事務所