本当に安心?おまとめローンで気をつけるべき6つの注意点

2017年09月07日

本当に安心?おまとめローンで気をつけるべき6つの注意点

はじめに

おまとめローンというローンの存在も、テレビコマーシャルなどを通して知られるようになってきました。
借金に悩む人で、このおまとめローンの利用を考える人も増えています。
ただ、おまとめローンを利用する前にしっかりと押さえておきたい注意点もあります。
今回の記事では、おまとめローンの利用をするにあたっての注意点について紹介していきます。

目次

  1. 利息が増える可能性がある
  2. 返済のためにしか使えない
  3. 審査が厳しい
  4. 申し込みブラックになる可能性がある
  5. 審査ブラックになる可能性がある
  6. 借金問題が解決しない事もある

利息が増える可能性がある

おまとめローンを利用すると、どの貸金業者にいつまでに・いくら返済する必要があるのかを把握できていない状態からは抜け出す事が出来ます。
返済先が一つに絞られ、なおかつ返済額がいくらか明確に分かる事で、借金返済のスケジュールは見えやすくなります。

ところで、おまとめローンを利用する際のうたい文句として、おまとめローンで借入れを一つにまとめる事により、利息が低くなって返済額が減るというものがあります。
ただ、このおまとめローンの宣伝文句をそのまま真に受けてはいけません。

たしかに、おまとめローンを利用する際、現在の貸金業者からの借入れの利息よりも低い利息を設定してくれるケースが多くみられます。
ただし、利息が大幅に低くなったように見えるのは、あくまでも貸金業者の高い利息と比較してみているからにほかなりません。
一般的に貸金業者は年17~18%程度の金利を設定しているのですが、この金利がおまとめローンを利用する事により、15%程度に減る事はよくあります。
ただし、金利が減ったといっても3%程度です。
おまとめローンの金利も、実際は法律で決められた上限金利ギリギリくらいの金利が設定されています。
銀行の金利というのは、借金が返済できなくなる、つまり貸倒れの可能性が高い借り手には高く設定されるという原則があります。
その点、多重債務を抱えておまとめローンを利用した債務者などは、貸倒れの危険性がかなり高いと判断されます。
その結果として、おまとめローンを利用しても、法律で定められた上限ギリギリの金利が設定される事になります。

以前、貸金業者が暴利をむさぼっていた頃には、年28~29%といった利息で貸付が行われている事も日常茶飯事でした。
したがって、おまとめローンを利用する事により、10%以上も金利が低くなったというケースもよくみられました。
ただ、近年は貸金業者への締め付けも厳しくなり、このような法外な金利を設定している業者は激減しています。
したがって、おまとめローンで利息を減らす効果も薄れてきています。

さらに言うなら、おまとめローンで支払いのスケジュールを長くする事により、最終的に支払う利息の総額は増えるケースもあります。
このように考えると、おまとめローンを利用したからといって、大きく利息が減る事を期待するのは難しいと言わざるを得ません。

返済のためにしか使えない

おまとめローンは、あくまでも多重債務者の債務の一本化を目的としたローンになります。
そのため、融資してもらった資金は全て貸金業者の借金の返済に充てるしかありません。
融資を受けたお金の使い道が返済に限定されているというのも、おまとめローンで注意したいポイントになります。

審査が厳しい

先ほども述べましたが、おまとめローンを利用する人は多重債務を抱えた人で、このような人にお金を貸すと貸倒れする可能性が高くなります。
おまとめローンを提供する金融機関もこの辺りの事は心得ており、おまとめローンの利用をするにあたってはかなり厳しい審査が行われる事になります。
したがって、おまとめローンを利用したくても、審査の段階でふるい落とされる人もたくさんいます。

審査でおまとめローンの融資が認められたとしても、保証人を要求されたり、不動産を担保に入れる事を求められるなど、かなり厳しい条件が課される事になります。
おまとめローンを利用する前に、この辺りの事はきちんと押さえておきましょう。

申し込みブラックになる可能性がある

借金の返済状況の芳しくない債務者は、「信用情報機関」の事故情報に登録されている事があります。
このように、信用情報機関の事故情報に登録される事をブラックリストに登録されるといった言い方をする事があります。
ブラックリストに登録されると、金融機関からの借入れを行う事は難しくなります。
また、短期間で複数の融資などを申し込むと、返済の問題を起こしていなくても、ブラックリストに載っているのと同じ状態になる事があります。
これを通称「申し込みブラック」と呼んでいます。
近年はインターネット上からおまとめローンを簡単に申し込めるようになったため、安易に複数のおまとめローンに申し込み、結果的に申し込みブラックになる事があります。

審査ブラックになる可能性がある

おまとめローンの返済を遅延する事により、ブラックリストに登録され、ローン審査を通過しない審査ブラックになる事があります。
したがって、おまとめローンでローンを一本化しただけで安心せず、その後もしっかりと返済スケジュールを守っていく必要があります。

借金問題が解決しない事もある

借金の返済に困った人のための救済策として語られるおまとめローン。
ただ、おまとめローンを利用したからといって必ずしも借金問題が解決するわけではありません。

例えば、おまとめローンを利用後にさらに借金問題の解決を難しくしてしまうケースとして、下記のようなものが挙げられます。

▼追加融資を受けることが出来る商品を利用することによって、逆に元金を増やしてしまった
▼おまとめローンを謳っているフリーローンの限度額の範囲内で借入れを繰り返してしまった
▼利用したおまとめローンに返済代行のサービスが無かったため、せっかく融資を受けることが出来た資金を返済ではなく、生活費に充ててしまった
▼以前借入れをしていた貸金業者から再度営業の電話がかかってきて、再び借入れを行ってしまった

特に最後の、以前借入れしていた貸金業者からの営業電話には注意です。
一度借入れをしたという事実があるため、自分自身もその業者からの借入れには心理的なハードルが低くなっているはずです。
そのため、うまい営業文句に乗ってしまい、再度借入れをしてしまうケースがよくみられます。
ただ、そうなると再び借金地獄に後戻りです。
くれぐれも以前借入れをしていた貸金業者からの営業には注意するようにしましょう。

おまとめローンの利用をすることで、返済のスケジュールが立てやすくなるというメリットはあります。
ただ、おまとめローン利用後に、「もう二度と借金はしない」という決意を固めておかないと、再び安易に借金を繰り返してしまうことになります。

おまとめローンは、債務整理のように借金を減額・免除できるものではありません。
おまとめローンの利用をしても、借金を抱えているという事実には変わりはありません。
その事実を忘れて、あたかも借金の問題が解決したかのように新しい借金を抱えてしまうと、さらに借金問題の解決が難しくなります。
おまとめローンを利用した後は、おまとめローンの返済を完了するまで新しい借金はしないという意識をしっかり持つようにしましょう。

まとめ

おまとめローンは多重債務者の救世主のように言われることがあります。
たしかに、返済先を一社に絞ることで返済への道筋が立つメリットはあります。

ただ、安易におまとめローンへの申し込みを繰り返すことで、「申し込みブラック」の状態になることがあります。
申込みブラックになると、金融機関からの借入れが難しくなるので注意が必要です。
このようなおまとめローンの問題もしっかりと踏まえた上で、本当におまとめローンを利用するかを検討するようにしましょう。

余談となりますが、借金問題の解決には債務整理と言う方法もあります。
例えば任意整理と言う債務整理方法では貸金業者に借金返済のスケジュールの変更などを交渉するというものになります。
弁護士・司法書士を代理人で立てる事により、交渉に応じてくれる貸金業者も多くなります。
そして、借金を3~5年程度で返済する事になるのですが、この際に交渉次第では以後の金利を0%に減らす事も出来ます。
このような債務整理の手段がある事を考えると、金利は15%程度のままで、支払を続けるおまとめローンの利用に比べ借金問題の解決の助けになることも考えられます。

おまとめローンを利用するにせよ債務整理を行うにせよ、専門家に相談することであなたに適した道を示してもらえると思います。

カンタン無料診断をご利用ください。あなたにピッタリの専門家が診断結果を伝えてくれますよ。

日本債務整理センター 編集部

SHARE :

  • FACEBOOK
  • TWEETする
  • LINEで送る

誰にも知られずに問題解決を目指せます

借金問題解決シミュレーター

全国の専門家を無料で紹介します!

10秒カンタン無料診断スタート!

あなたの借金、いくら減る?

借金返済シミュレーター
icon1
icon2
mouth
10秒カンタン無料診断スタート!

カテゴリーから探す

債務Lady
そうや法律事務所

人気記事

専門家紹介

サンク総合法律事務所
おしなり法律事務所
名村法律事務所
債務Lady

話題のキーワード

夫の借金

彼氏の借金

法人

パスポート

海外旅行

結婚

内緒で

時効の援用

破産

個人事業主

時効

賃貸契約

楽になる

住宅ローン

マイホーム

慰謝料

離婚

フリーランス

専門家

返還額

解決

ブラックリスト

免責不許可事由

スマホ

奨学金

ギャンブル

金利

家族

利息制限法

グレーゾーン金利

闇金

おまとめローン

借金問題

クレジットカード

生活保護

借金完済

返還手続き

返済方法

過払い金請求

キャッシング

借金

バレずに

信用情報

特定調停

任意整理

個人再生

保証人

連帯保証人

保証会社

カードローン

法テラス

依頼費用

自己破産

消費者金融

引き直し計算

債務整理

倒産

債務超過

エポスカード

過払い金

返還請求

リヴラ総合法律事務所
伊藤法律事務所