【借金返済】借金を整理する!無理なく完済するための4つの秘訣を徹底解説!

2018年03月12日

【借金返済】借金を整理する!無理なく完済するための4つの秘訣を徹底解説!

はじめに

借金が多くなってしまうと、毎月続く借金の返済に悩まされ、いつまで続くのだろうと頭を抱えてしまうことがあるかもしれません。
借金完済への道が見えないと、不安ばかりが募ることになってしまいがちです。
借金をしたときは、どこからどれだけお金を借りていて、いつまでにいくら返す必要があるのかはっきりと自覚し、計画的に無理なく完済する見通しを持ちましょう。
ここでは、借金を整理し、無理なく完済するための4つの秘訣について詳しくご紹介します。

目次

  1. 金利が高いところから返済する
  2. 可能な範囲で繰り上げ返済する
  3. 返済日を把握し必ず守る
  4. 任意整理手続き後、無理なく分割払いする

金利が高いところから返済する

借金は元本と利息から成り立っています。
元本は、自分が借りた金額を指しますが、利息部分に関する金利は、借りる場所によって異なります。
同じ元本でも、金利が高ければそれだけ利息部分が高くなりますし、金利が低ければ、支払うべき利息部分は少なくなります。
複数から借金をしている場合は、毎月支払うお金にばかり気を取られて、どこにどれだけの金利がかかっていてその分の利息を支払っているか見落としがちです。
まずは、複数から借金をしている場合は、金利が高く利息部分の支払いが多い借金と、金利が低く利息部分が少ない借金を整理してみましょう。
元本への支払いは当然のことですが、利息部分への支払いは、多いより少ない方が良いはずです。
そのため、借金を無理なく完済していくためには、少しでも金利の高いところから優先的に返済をして、高い利息部分をカットしていくことがコツとなります。

可能な範囲で繰り上げ返済する

借金をした場合、できるだけ早く完済し、借金返済に頭を悩まされる生活から解放されたいものです。
しばらくは借金完済を意識し、贅沢を控えて、収入を得たらまずは借金の返済に充てていくことが得策と言えるでしょう。
毎月固定の金額を借金返済に充てていくことはもちろんのことですが、可能な範囲で繰り上げ返済をしていくことも、借金完済の秘訣です。
節約を心がけ外食を控えていたら、交際費と食費で合わせて数万円浮いた、衣類を買うのを見送ったなどで予定していたよりお金が手元に残る月もあるでしょう。
そのように出費を抑えることができた月は、繰り上げ返済に充てることをおすすめします。
ボーナスなどの臨時収入があった場合も、いつもより支出を増やすよりも、繰り上げ返済に充てるようにしましょう。
積極的に繰り上げ返済を行うことで、借金完済への道筋が見えてくるでしょう。

返済日を把握し必ず守る

借金完済に向けて無駄な費用を増やさないコツは、基本的なことですが、返済日を把握し必ず守ることに尽きます。
せっかく借金返済に充てるお金を準備しても、返済期限が過ぎてしまうと、遅延損害金の支払い義務が発生してしまうためです。
遅延損害金とは、支払いが遅れたために生じる損害金のことを指します。

借金の支払いが遅れると、通常支払うべき返済額とは別に、遅延損害金の支払いも生じることになり、その分負担が増えてしまいかねません。
そのため返済日を把握し、期限を必ず守ることは、当たり前のことになりますが、とても重要なことになります。
特に、複数から借金をしている場合、支払日を間違えないように注意が必要です。
それぞれの支払金額と返済日をしっかりと把握し、無駄に遅延損害金を別途支払う必要が生じるような事態に陥らないように注意をしましょう。

任意整理手続き後、無理なく分割払いする

借金完済に向けて毎月の支払いを行っていても、借入期間が長期にわたる、すでに滞納をしている、このままのペースでは支払いが難しいといった場合が存在します。
このような場合は、弁護士や司法書士に相談し、任意整理を依頼するのもひとつの手です。

任意整理とは、借金をしている人が、お金を貸している債権者と交渉し、借金の返済額や返済方法について交渉する手続きのことです。
任意整理をすることで、利息制限法による引き直しを計算した後、借金が減額する場合もあります。
また、交渉次第では将来の利息分をカットできるケースもあります。

今の条件では借金完済への見通しが持てなくても、任意整理をすることで、完済へ向けての条件を整えることができるかもしれません。
自分だけの力で借金完済への道筋を立てることが難しい場合、早めに専門家に相談し、任意整理手続きを行って、無理なく分割払いをしていきましょう。

まとめ

借金完済のために、まずは自分ですぐに実践できることから始めましょう。
利息や遅延損害金など、借金がこれ以上増えない努力も大切です。
それでも難しい場合は、専門家に相談して任意整理をすることも検討してみてください。

カンタン無料診断をご利用ください。あなたにピッタリの専門家が診断結果を伝えてくれますよ。

日本債務整理センター 編集部

SHARE :

  • FACEBOOK
  • TWEETする
  • LINEで送る

誰にも知られずに問題解決を目指せます

借金問題解決シミュレーター

全国の専門家を無料で紹介します!

10秒カンタン無料診断スタート!

あなたの借金、いくら減る?

借金返済シミュレーター
icon1
icon2
mouth
10秒カンタン無料診断スタート!

カテゴリーから探す

岡田法律事務所
新大阪法務司法書士事務所

人気記事

専門家紹介

サンク総合法律事務所
債務Lady
おしなり法律事務所
岡田法律事務所

話題のキーワード

夫の借金

彼氏の借金

法人

パスポート

海外旅行

結婚

内緒で

時効の援用

破産

個人事業主

時効

賃貸契約

楽になる

住宅ローン

マイホーム

慰謝料

離婚

フリーランス

専門家

返還額

解決

ブラックリスト

免責不許可事由

スマホ

奨学金

ギャンブル

金利

家族

利息制限法

グレーゾーン金利

闇金

おまとめローン

借金問題

クレジットカード

生活保護

借金完済

返還手続き

返済方法

過払い金請求

キャッシング

借金

バレずに

信用情報

特定調停

任意整理

個人再生

保証人

連帯保証人

保証会社

カードローン

法テラス

依頼費用

自己破産

消費者金融

引き直し計算

債務整理

倒産

債務超過

エポスカード

過払い金

返還請求

新大阪法務司法書士事務所
サンク総合法律事務所