借金を最短で完済する8つのコツ!借金鬱になる前に知るべき返済のツボ!

2017年08月10日

借金を最短で完済する8つのコツ!借金鬱になる前に知るべき返済のツボ!

はじめに

借金鬱とは、借金が返せないことが原因で鬱状態になってしまうことです。
鬱状態だけにとどまらず、借金が返済できなくて悩んでしまい、本当に鬱病になってしまう人もいます。

さて今回は、借金鬱になってしまう前にクレジットカードの使い方をはじめ、生活習慣の見直し方、確定申告のポイントなど、「どうやって借金を返済したらいいのか?」と言う疑問にお答えする8つのコツをまとめてお伝えします。

目次

  1. クレジットカードを上手に使う
  2. リボ払いの繰り上げ返済をする
  3. おまとめローンを利用する
  4. 生活習慣を見直す
  5. 携帯プランを見直す
  6. 生命保険を見直す
  7. 確定申告をする
  8. 債務整理をする

クレジットカードを上手に使う

クレジットカードは、1回払いや2回払い、ボーナス払い、リボ払いなど色々な方法で支払い出来ます。

借金がある場合には、何かの支払いや購入する際に分割して支払うようにすることが、クレジットカードを上手に使うときのポイントになると言うことです。 お金が入るタイミングにあわせて支払い回数を決めることで、計画的に完済する助けになると思います。

クレジットカードは、主に使った翌月か翌々月に引き落としされる仕組みですので、手元に現金が無くても買い物をすることができます。 手元に現金が無くて、どうしても何かを買いたいときには、クレジットカードを上手に使いましょう。 ただし、いくらその日に引き落としが無いからと言って、使いすぎに注意しなければいけません。 きちんと返済できる額以内で、クレジットカードを使うようにしましょう。

リボ払いの繰り上げ返済をする

「リボ払い」と言うのは、毎月一定額を支払う支払い方法のことです。

リボ払いの正式名称は「リボルビング払い」と言い、リボルビング払いを略して「リボ払い」と言っています。 リボ払いには、実際にかかった費用に手数料が上乗せされるため、返済する期間が長ければ長いほど、利息がかかり、返済しなければいけない額がどんどん膨らんでいきます。

繰り上げ返済をすれば、利息が発生する期間を縮めることができるので、返済全体の額を少なく抑えることが可能なのです。 まとまったお金が入ったときや、お金に余裕があるときには、リボ払いの繰り上げ返済をして、返済額を少なく抑えましょう。 繰り上げ返済だけでなく、リボ払いでは「全額払い」と言って支払い残額を全て支払うこともできますので、その月の余裕をみて利用すると良いと思います。

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、色々な業者から借りているお金を一本にまとめて、ローンで返済していくことを言います。

色々な銀行や消費者金融などからお金を借りていると、どこにいくら借りているのか、いつ返済なのかということだけでなく、金利が高くなっている場合もあります。
おまとめローンでは、そんな悩みを解消することができます。 つまり、おまとめローンは、多重債務をしている方におすすめなのです。

色々なところからの借金をまとめれば、借金している全体の額が把握しやすく、返済の計画も立てやすく、さらに金利を安く抑えることもできるかもしれません。 ただし、おまとめローンを利用することで逆に金利が高くついてしまうこともあるので、おまとめローンを利用する場合には慎重に検討してから、利用するようにしましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直すことで、借金を早く返済できる可能性があるかもしれません。

多額の借金を作らないためには、物事を管理したり整理したりする能力が必要です。 約束の時間に遅れない、片づけをこまめにする、掃除をして整理整頓をしておくで管理能力や整理能力を鍛えておくと良いと思います。 身近なできることから心がけて初めてみましょう。

また、借金を早く返済するために、日々の出費を少なく抑えることも重要なポイントです。

仕事帰りに、毎日コンビニに立ち寄っていませんか?
まだ家にあるものを買っていませんか?
ちょっと収入があったら、すぐに自分の欲しいものを買ってしまっていませんか?
見栄を張るために、背伸びしてブランド物などを購入していませんか?

心当たりがある生活習慣や癖などについては、借金返済のために見直してみると良いでしょう。

携帯プランを見直す

あなたの携帯プランですが、最後に見直したのはいつでしょうか?

毎月あまり使っていないのに、沢山携帯を使う人用のプランに入っている可能性があります。 「昔は沢山使っていたから、沢山使う人用のプランに入っていて今もそのままだ」と言う場合には、毎月の携帯料金が安くなる可能性があります。 携帯電話の料金は、毎月毎月引き落とされるものです。

ひと月あたり1,000円安くなれば、1年で1万2千円も出費を抑えることができるので、長らく携帯プランを見直していない人は、携帯プランを見直してみましょう。 また、自分一人のプランを見直すだけでなく、家族が皆同じキャリアを使っている場合、家族全体の携帯料金が安くなる可能性もあります。 さらに、携帯プランには、電話やインターネット、ケーブルテレビなどに加入していればセット料金になるお得なプランもあります。

長期間、携帯プランを変えていない人だけでなく、引っ越しを行った場合や家族に携帯のキャリアを変えた人がいた場合には、携帯プランを広く見直してみると良いでしょう。

生命保険を見直す

生命保険は、年齢や生活環境によって、適した保険が変わります。

生命保険を見直す場合には、保険料の見直しをはじめ、保障期間や保障内容・範囲などを見直すことができます。 これらを見直すことで、生命保険にかかる費用を安く抑えられる可能性があるのです。 結婚や出産、子どもが成人になったときや退職したときなど、生活環境が変化した場合には生命保険を見直してみましょう。

また、保険料を毎月支払いでなく、1年間の保険料をまとめて支払ったり、全額をまとめて支払ったりすることにより、トータルで支払う保険料が安く済むので、お金に余裕がある場合には検討してみると良いと思います。

確定申告をする

確定申告をすることによって、医療費や住宅所得に関する控除を受けられる可能性があります。

控除を受けられれば、納める税金が少なく済むため、支出を抑えることが可能です。 また、源泉徴収され、年末調整を受けていない場合には、還付を受けられる可能性もあります。

債務整理をする

債務とは、お金を支払ったり、物などを渡したりしなければならない義務で、法律で定められているものです。

債務整理は、特定調停任意整理民事再生自己破産、この4つの総称となっています。

過払い金の請求は、払い過ぎたお金の返済を求めることであり、任意整理は、金融会社と直接返済額の減額を交渉することです。 また、民事再生は「個人再生」と言われることもあり、裁判所に借金の返済が困難であるため、借金の減額を認めてもらうことです。

自己破産では、裁判所に借金の支払い免除を認めてもらいます。
債務整理に関する相談は、弁護士事務所などで行うことができます。

借金を過剰に返済している気がする場合や、どうにも借金を返済することが難しそうな場合には一度、法律相談所や法律事務所などで相談してみると良いでしょう。 いずれの場合も、1日や2日で解決するものではなく、半年や1年など、長い期間が必要になることを覚えておきましょう。

鬱になっても借金は無くならない

鬱の状態になっても、鬱病を発症してしまっても、借金は無くなりません。

「鬱だから何も考えられない…」と言ってしまって、返済できない間にも、借金や返済額はどんどん増えていってしまいます。 借金があって落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、返済しないことには借金は無くなりません。 「どうやったら返済できるか」を考え、少しでも早く返済できる方法を考えてみましょう。

自分一人で考えられない場合には、家族や友人、専門家に相談してみるのもひとつの方法です。

まとめ

一見、借金と鬱とは関係が無いように思えるかもしれません。
しかし、大きな借金があり、返済の目途が立たない場合や「借金がある」と言うこと自体も小さなストレスであるため、積もり積もって鬱状態になってしまうこともあるのです。

借金の返済だけでなく、普段の生活方法の見直しも、長期的に考えると借金の早期返済や今後借金を作らないために必要です。
今回ご紹介した8つのコツを活用して、借金の返済額の減額や、借金返済期間の短縮を目指しましょう。

カンタン無料診断をご利用ください。あなたにピッタリの専門家が診断結果を伝えてくれますよ。

日本債務整理センター 編集部

SHARE :

  • FACEBOOK
  • TWEETする
  • LINEで送る

誰にも知られずに問題解決を目指せます

借金問題解決シミュレーター

全国の専門家を無料で紹介します!

10秒カンタン無料診断スタート!

あなたの借金、いくら減る?

借金返済シミュレーター
icon1
icon2
mouth
10秒カンタン無料診断スタート!

カテゴリーから探す

そうや法律事務所
そうや法律事務所

人気記事

専門家紹介

新大阪法務司法書士事務所
サンク総合法律事務所
名村法律事務所
名村法律事務所

話題のキーワード

夫の借金

彼氏の借金

法人

パスポート

海外旅行

結婚

内緒で

時効の援用

破産

個人事業主

時効

賃貸契約

楽になる

住宅ローン

マイホーム

慰謝料

離婚

フリーランス

専門家

返還額

解決

ブラックリスト

免責不許可事由

スマホ

奨学金

ギャンブル

金利

家族

利息制限法

グレーゾーン金利

闇金

おまとめローン

借金問題

クレジットカード

生活保護

借金完済

返還手続き

返済方法

過払い金請求

キャッシング

借金

バレずに

信用情報

特定調停

任意整理

個人再生

保証人

連帯保証人

保証会社

カードローン

法テラス

依頼費用

自己破産

消費者金融

引き直し計算

債務整理

倒産

債務超過

エポスカード

過払い金

返還請求

岡田法律事務所
伊藤法律事務所